渋谷に同性愛者が増えるかも?国内初同性カップル証明書発行!

公開日: : Uncategorized

 

ついに日本もこの時が来た!東京都渋谷区が、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する条例案を3月区議会に提出することになりました。渋谷区によると全国で初めての制度になるといいます。

 

ゲイカップル

 

今ではそんなに珍しくなくなったゲイ(同性愛者)の方たち。
これが20年前だったらどうでしょう?やはり周りの目を気にしたり、自分がゲイであることを攻めたりなど、一人悩み苦しんでいる人も多かったはず。

 

それがここ最近になり思い切ってカミングアウトする人たちも増え、メディアで取り上げられたりして以前のようなもの珍しさもなくなって、すっかりゲイの人たちは私達にとって身近な存在?となりつつあります。
しかし有力者や有名人の中には、自分が同性愛者であること隠している人も多いと言います。

 

アメリカではカリフォルニア州にあるサンフランシスコが、同性愛者に優しい街としてとても有名です。
たくさんのゲイカップルが家族として生活しており、中には子供を養子に迎え入れ育てているカップルも多いです。
20年以上前、初めてサンフランシスコに行ったときは、さすがにカルチャーショックを受けましたが、生活していくうちにそういったゲイカップルの家族がそこら中に、普通にいますので違和感もどんどん消えていきました。

 

でもアメリカは州により法律が違いますし、先進国であってもゲイの方たちに対する考え方も地域により違います。
アメリカ南部のあたりでは「ゲイは認めない」と、宗教的が絡んだ問題もありますので、その地域に住んでいる人はカミングアウトをするどころか、地域から出なくてはならない状態になることもあるのです。
そして皆、ゲイを認めてくれるところに自分の居場所を求めるのです。

 

なぜ今回そんな条例案を提出したのかというと、同性カップルがアパートやマンションに入居しようとしたり、病院で面会しようとしたりする際に家族でないと断られるケースがあるというのです。
それで今回、渋谷区は「性的少数者の権利を守る」ということで、名称は「区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例案」により、区内に住む20歳以上の同性カップルに「パートナーシップ証明」を発行することに。

 

条件は互いを後見人とする公正証書の提出などになる予定です。
この条例案が他の地域でも認められるように頑張ってもらいたいですね。
ただ、そうだからと言ってゲイの人たちに対する偏見の目はすっかり消えることはないでしょう。
と、なると同性愛者がみんな渋谷区を目指すのでは?そうすると渋谷区は第二のサンフランシスコのようになるかもしれませんね。

Sponsored Link

関連記事

salmon sashimi

レッドマウス病は人に感染するのか?養殖サケの危険性とは?

石川県で10日県水産総合センター美川事業所(白山市)で養殖されていたサケの稚魚が、大量に死んでいるの

記事を読む

アマルジョージ&

【海外】ジョージ・クルー二ーまた離婚?驚きの慰謝料に世界もビックリ!

  ハリウッド大物俳優ジョージ・クルーニー(53)が、アマル・ラムディンさんと離婚に

記事を読む

4991685201027_600

消しゴムママまゆぷ〜【おもしろ消しゴムコレクション】がスゴイ!

もったいなくて使えない!これ本当に消しゴムなの? 【マツコの知らない世界 3/24火2時間スペシャ

記事を読む

飛行機

2015年は海外旅行のビッグチャンス!チケット買うなら今!

  昨年9月頃より原油価格が下がってきている影響もあり、今年2015年2月より燃料サ

記事を読む

肉まりね

無糖練乳?そんなの使わなくても簡単に肉を柔らかくする方法3つ

最近無糖練乳やココナツミルクが肉を柔らかくするとの事で、話題になっています。 ココナツミルクは缶詰

記事を読む

仲見世商店街

【町田の仲見世商店街】がレトロでオシャレ!若い女性が注目!

  人口およそ43万人東京都・町田。 現在でも農業が営まれているという、自然豊かな

記事を読む

2水野久美

爆報出演!ブラピをも魅了する女優水野久美が美し過ぎる

芸能界一モテたと言われる永遠の特撮ヒロイン「水野久美さん(78)」が爆報THEフライデーに出演されま

記事を読む

パスワード

世界で一つのパスワード!絶対真似されない作り方

Yahooニュースの中に「330万パターンから分析 絶対に設定してはいけない最悪のパスワード25」が

記事を読む

no image

新たな手口で女性に接近するクレームストーカー

単なるクレームを言いたいだけかと思いきや、実は接客業や窓口業務として勤務している女性に対して、苦情を

記事を読む

パパバーバ

今も人気【バーバパパ】グッズを持っているだけで癒される

アメリカ生まれのスヌーピー、北欧生まれのムーミンに並び、フランス生まれの癒されキャラクターバーバーバ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑