美味すぎるマカロ二だ!TERU【GLAY】も大絶賛「ドン・デ・マカロニ」

公開日: : Uncategorized

 

北海道・函館で密かに人気があったマカロニを使ったドン菓子「ドン・デ・マカロニ」
「とんでもなく美味い!!」とGLAYのTERUさんがツイッターで大絶賛!
以来爆発的な人気となり、ただ今売り切れ続出だそうです。

 

 

ドン菓子とは、お米や穀物に圧力をかけ一気に開放する事により、膨らませた駄菓子のことを言います。
出来上がるときのポンッとかドンッという破裂音から、ポン菓子、ドン菓子、ポンポン菓子などと言われています。

 

この「ドン・デ・マカロニ」考案者は
北海道知内町(しりうちちょう)のやごし本舗 村田優代表
この商品は今から3年前に製造され、以来函館を中心にじわじわ人気が出てきました。
作り方は、乾燥マカロニを専用圧力釜に入れ加熱した後、一気に減圧するとマカロニが膨らみます。そして砂糖、バターなどで味をつけます。

 

このお菓子のファンからは

「サクサクッとした軽い口当たり」

「ちょうどいい甘みとバターの風味がなんともいえない美味しさ」

「一度食べると一袋全部食べてしまいそうになるくらい止められない」

など、かなり好評。

 

 

話題のドン・デ・マカロニ シュガーバター味
ドン・デ・マカロニ

 

TERUさんが写真入でツイートをした同日、この商品を置く函館市昭和のコミュニティ&カフェ「はなはな」では、開店と同時に訪れたGLAYファンの女性がこぞって購入。
すぐに在庫の60袋があっという間に売り切れ。
まとめ買いする人も多く、再入荷してもすぐに売り切れてしまうそうです。
有名人のツイートの威力は本当にすごいですね。

 

注文殺到が続く中、今までは商品の製造、配達は全て村田さんが一人で行っていたのですが、今は友人達にも袋詰めなどを手伝ってもらいながら、一人でも多くのお客様に食べていただける為日々がんばっておられるそうですよ。
「TERUさんにおいしいと言ってもらえたことが素直にうれしい」
と喜びを隠せない様子です。

ドン・デ・マカロニのほか、トウモロコシで作った「きみドン、「げんこつ」玄米や白米で作った「すぐるどん」などネーミングがおもしろいポン菓子もあります。

 

菓子ぽん

 

「ドン・デ・マカロニ」は函館、木古内、知内などの13店舗で販売(110㌘入り300円税込)
取り寄せてでも食べてみたいですね。
やごし本舗・やごしクルーズ

Sponsored Link

関連記事

best dad

2015父の日ギフトお勧めは年齢問わずの変わりダネを贈ろう!

今年2015年6月21日の父の日、またまたギフトで悩みそう。 そう思うと女性はけっこう簡単かも?

記事を読む

drpep

ドクターペッパーで長生き?104歳女性が語る長寿の秘訣とは?

炭酸飲料好きで知られてきた米国民の間で、近年健康志向が徐々に高まっており「炭酸離れ」が一段と進んでい

記事を読む

パスワード

世界で一つのパスワード!絶対真似されない作り方

Yahooニュースの中に「330万パターンから分析 絶対に設定してはいけない最悪のパスワード25」が

記事を読む

豚汁index

ミニチュア豚汁で話題の田中智さんのレッスンが受けれる!

ミニチュア・アーティストの田中 智(たなか とも)さんが、今ツイッターで話題になっています。というの

記事を読む

パパバーバ

今も人気【バーバパパ】グッズを持っているだけで癒される

アメリカ生まれのスヌーピー、北欧生まれのムーミンに並び、フランス生まれの癒されキャラクターバーバーバ

記事を読む

かとちゃん

カトちゃん効果で世のオヤジにロマンスグレー旋風の予感

白髪は増えてくると、急に老けて見えます。 白髪が目立ってくると白髪染めをする女性が多いですが、近頃

記事を読む

4991685201027_600

消しゴムママまゆぷ〜【おもしろ消しゴムコレクション】がスゴイ!

もったいなくて使えない!これ本当に消しゴムなの? 【マツコの知らない世界 3/24火2時間スペシャ

記事を読む

no image

風邪を引いてから慌ててビタミンCを摂っても効果なし?日常から摂る習慣を

風邪を引いたからといって慌ててビタミンCサプリを摂りだしたり、ミカンを食べたりレモンを絞って飲んだり

記事を読む

iangendex

がん予防の新たな方法になるか?米女優アンジェリーナ卵巣摘出

2年前に乳がんにかかるリスクを乳房を切除して、周囲を驚かせた米女優のアンジェリーナ・ジョリーさん(3

記事を読む

あしながおじさん

【新あしながおじさん】市川春猿現象増加・他人の子を本当に溺愛できるのか?

子供がいない独身者が他人の子供を溺愛するという 「新・あしながおじさん(おばさん)現象」が近年増加

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑