読み終えたら「本気で片付けよう!」と思えた本

公開日: : 最終更新日:2015/12/30 ライフスタイル, 思考・自己啓発

「断捨離」と言う言葉が世に出る以前から、「掃除の仕方」「収納方法」などというタイトルがついた本や雑誌は、売り上げがグッと伸びてきたようです。それくらい日本人は、掃除、整理整頓が大好きな人種。しかしそういった本や雑誌などを買って読みえた後は、もうすっかりやった気になる人も多いようですね。

 

他にも例を挙げると、レビューなどで評判がいい英会話教材を買ったはいいけど、活用せずにもうやってしまった気になっている。それと同じようなものです。そしてまた新しい本や教材をを買ってしまう。
あなたもそんな経験ありませんか?

 

実は私がそうです。
「家の中を片付けたい!シンプルにしたい!オシャレな空間を作りたい!」と常日頃から思いつつ、掃除の仕方や整理整頓の仕方、オシャレな部屋作り、などなど、インテリアや掃除関係の本、雑誌を読みあさっていました。でもなかなか思うようにいかないんです。

 

book in the kitchen

 

本を読んでも行動しなければ意味がないわけで、どこからどのように手をつければいいのか本当にわからなかったんです。
そこで私が行動を起こすきっかけとなったのが、近藤麻理恵さんこと、こんまりさんの
人生がときめく片づけの魔法

 

これは女性ならほとんどの人が、納得できるんじゃないでしょうか。
この人生がときめく片づけの魔法は、ニューヨークタイムズでも大絶賛されたほど。
物を溜め込んで断捨離とは無縁のアメリカ人が、いっせいに感動したという話ですよ。

 

      
 

この本をきっかけに、レビューがよかったものをもう一冊読んでみました。
それは本多さおりさんの片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)

 

「これは納得!」と思い、読み終えた後すぐに行動に移せました。
この本は写真入なので、本当にわかりやすい!それにズボラな私の心に響く(というか納得できる)掃除のやり方、物のしまい方がわかりやすく丁寧に書いてあります。
モデルルームのようなオシャレな部屋のような、決して背伸びした感じではなく、「シンプルにそしてゴミゴミした感をスッキリなくしてしまう」基本の基本を、この本でしっかり習えるという感覚でした。

 

もともとズボラで面倒くさがりの私が、この本に習って少しずつですが、見栄えがよく生活しやすい家に変えていけているのも驚きです。この本多さおりさんのシリーズは、全て読みやすいのと理解しやすいのが特徴。
色んな本や雑誌を読んできた中で、本当に「よし!やってみよう!」と思わせてくれたものです。
やる気はあるんだけど、どこから手をつけていいかわからない方、今まで色んな事にチャレンジしたけど、なかなかうまく片付かないという方、ぜひ手にとって読んでみてください。
今までにはないやる気が出てきて、きっと自分自身が生まれ変われると思いますよ。

 

    

Sponsored Link

関連記事

no image

舞い込め幸運!掃除をするくせをつけよう!

三が日まではお正月の話題と言う事で 今回は2015年、幸運を引き寄せるためのポイント掃除方法につい

記事を読む

old couple

離婚ではない新しい夫婦の形【卒婚】をどう思いますか?

熟年夫婦の新しい婚姻関係として「卒婚」という言葉をよく聞くようになりました。それは結婚を卒業すること

記事を読む

no image

掃除嫌いは治らない。だから物を増やさない。

クリスマスが終わると年末まであっと言う間なんですが、毎年この時期憂鬱なのが「年末の大掃除」なんですよ

記事を読む

no image

達成しやすい目標を立てる方法

毎年末、私は自身の目標を立てることにしています。 去年末だけは立ててなかったのですが。何故なのかは

記事を読む

book-419589_640

更年期女性が心と体に疲れた時に読むお勧め本

年齢を重ねると、何事をするにも億劫になってきませんか? 特に女性は40代に突入すると、体調の変化に

記事を読む

ミラクルニームimg55826401

新しい虫除け対策!200種類の虫に効く天然鉢植えが人気!

夏場にどっと増える蚊の存在だけに限らず、ダニ、ゴキブリ、ハエなど、虫は本当に年中嫌な存在。できるだけ

記事を読む

no image

捨てる時は思い切りが大事

年末大掃除中です。私の場合大掃除って言っても大げさなものじゃないですが。 いつものように掃除機をか

記事を読む

日経woman soeur

40代からでもキャリアのやり直し可能!女性必見【日経WOMAN soeur】

  40代でもキャリアのやり直しが可能! 日経BP社では2014年12月40代から

記事を読む

DSC00802

ハロウィーン気分を盛り上げるなら本場アメリカに習おう!

最近日本でも若者を中心に、ハロウィーンを楽しむ人たちが増えてきたようですね。秋口になるとハロウィーン

記事を読む

心屋images

「お金がない」と困ってる人にお勧めしたい心屋仁之助の本

心屋仁之助さんを知ったのは、TV番組「解決!ナイナイアンサー(日テレ系)」でした。 番組内では、あ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑