本当は教えたくない浅草裏の老舗名店絶品グルメ

公開日: : 最終更新日:2015/04/28 Uncategorized

誰にでも「人に教えたくないお気に入りのお店」があるはず。
その中でも浅草の裏側にある店は、知る人ぞ知る隠れた名店がたくさんあるのです。
そしてその名店の出す料理が絶品だということで、落語家を中心に、各著名人が密かに通っているとのこと。中でも特に人気名店を、3店舗紹介したいと思います。

 

グリル佐久良(さくら)の「タンシチュー」

タンシチュー
/tabelog.com

創業1967年から、地元の人たちに愛される洋食の名店です。
この店の絶品料理は、創業当時からの看板メニューの「タンシチュー」(2,600円税込)
約50年も受け継がれた秘伝のデミグラスソースで、6時間以上煮込まれた極上の「タン」は、口に入れた途端にとろけてしまう、正に絶品と言う以外に言葉が見つからないほどの美味しさ。
ご飯の上にかけて食べたり、厚切りトーストにつけて食べたり、その日の気分で食べるのがお勧め。

グリル佐久良 台東区浅草3-32-4

 

餃子の王さま

ツウの人しか通らないといわれる、浅草公会堂の一品裏通りを入ったところにあります。
1954年創業で、実はこの店には餃子以上にお勧めの絶品料理があるのです。

それはなんと「タンメン」(630円税込)

タン麺RIMG1975_convert_20111013185845

太麺との相性抜群のスープと、野菜の歯ざわりがなんとも絶妙に合って、完璧な一品。
一度食べると、また食べたくなり、遠くからわざわざ来る人が多いそうです。

餃子の王さま 台東区浅草1-30-8

 

浅草の名店といえば、寿司、うなぎ、そば、などですが、実は焼肉店はとても多く、その中でも一番美味しいといわれているのが
1979年創業の浅草炭火焼肉「本とさや」(ぽんとさやと読みます)
ここは名店中の名店で、有名人も多く通っているので、店内はサインだらけ。

一押しメニューは、「特上骨付きカルビ(タコカルビ) 2,860円税込」

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
/matome.never.jp

他店と比べてみても、お肉がかなり厚切りなのが特徴。
柔らかくジューシーで、味は文句なしの五つ星。
一度来店したら、必ずまた来店してしまう「忘れられない焼肉店」
ちょっと値段は張りますが、たまに贅沢するには、断然お勧めのお店です。

浅草炭火焼肉 本とさや 台東区西浅草3-1-9


浅草にはたくさん老舗名店がありますが、まだまだ奥が深そうです。
口コミで広がっていく「知る人ぞ知る隠れた名店」を、ひとつずつ制覇していくのも楽しいかもしれませんね。


Sponsored Link

関連記事

カップル

外国人結婚詐欺師が年々増加している現実【カスペ】

詐欺師を弁護士と探偵で直接対決へと追い込む【カスペ フジ火曜夜7時】で、今回は外国人詐欺師に密着され

記事を読む

かとちゃん

カトちゃん効果で世のオヤジにロマンスグレー旋風の予感

白髪は増えてくると、急に老けて見えます。 白髪が目立ってくると白髪染めをする女性が多いですが、近頃

記事を読む

まつげ

まつ毛おじさんが食べた秘密の食べ物ってコレ?

今や世界中で話題になっている【ウクライナ・キエフ】のまつ毛ボーボーおじさん。 「秘密の食べ物を食べ

記事を読む

赤いチャーハン

お家でピンクチャーハン♪バレンタインに作ってあげる?

チャーハンって家庭で手軽に作れるけど、大きな中華なべを使えるわけでもなく、家庭のガスコンロで強い火力

記事を読む

お一人様バーベキュー

A4サイズのお洒落な「お一人様BBQグリル」が人気上昇中

一人で釣りやツーリングに行く人も、こんなコンパクトなBBQグリルがあったら、絶対毎回持って行くのでは

記事を読む

ローラサントリー 

ローラの英語はイケテル!けどトリリンガルに起こりやすい言語習得とは?

  サントリースピリッツ「ジム・ビーム」のイベントで、見事なプロポーションと英語を披

記事を読む

no image

美味しいイチゴに農薬たっぷり?ホテルイチゴフェアーに行く前にチェック!

今年も首都圏ホテルでいっせいにイチゴフェアーが開催されますね。イチゴ好きにはこのイベントはたまらなく

記事を読む

hard work is not enof

残業なしでも年収がアップ?最新の働き方が今注目されている

高度専門職に就いて働く人に対して、時間でなく成果で評価する新しい制度 「高度プロフェッショナル制度

記事を読む

Happy mom's day

絶対外さない2015年母の日ギフトは”至福の時間”これで決まり!

毎年悩むのが母の日のギフト選び。「何が欲しい?」と聞いても毎年同じ答え。 「何にもいらないわよ。」

記事を読む

pakucheeindex

次はクセの強い「パクチー女子」がモテる!

独特の香りで苦手な人も多い「パクチー」(香菜シャンツアイ、コリアンダーともいう)。 圧倒的に日本人

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑