女同士の友情ってあり?親友を必要としない本当の理由とは

公開日: : Uncategorized

「親友と呼べる人がいない」もしくは「友達が少ない」など、悩んでいる人って意外と多いんです。
そういう悩みを持つ人の中に「親友がいないと性格が悪いと思われる」や「ひょっとして自分に欠陥があるから親友と呼べる人がいないのか?」などと、自身への評価まで気にしてしまう人も多いようです。
でも「親友」って本当に必要?ではどこまでの友人が親友なのでしょうか。

 

親友

 

「親友って誰?何人いる?」と聞かれると、なぜか答えに困ってしまいます。
と言うのは、私自身も「この人が親友だ」と言える人がいないからです。
そのような事を聞かれるまでは、そんなこと気にもとめませんでした。

 

先日「ほんまでっか!?TV」で生物学者の池田先生がこう言っていました。
「旦那、彼氏などは深いつき合いが大切になってくるが、友人は深くつき合う必要はない。」
理由は、ベタベタした深いつき合いをしている人とは、揉めると泥沼状態になり後々面倒な事が起こりうるから。

 

ことわざでも「君子の交わりは淡きこと水の如し」(意味:人と交わるのはさっぱりしても友情は永久に変わることがない)とあるように、1年に1,2回くらいしか会わない友人の方が、実は困った時に助けてくれたりすることが多いんです。
本当に親身になってくれる人と言うのは、そういう淡々としたつき合いをしている人。
そういう人というのが、本当は一番いい友人であり、長くつき合っていける人なのです。

 

一時的にベッタリ密接につき合った人と、何かの拍子で揉めたり、嫌な空気になってしまったときに、一気に関係が遠のいてしまったことってないですか?
私は2,3度経験があるのですが、はやりベタベタした関係というのは、かえって良くなかったのかもしれません。
もちろん家族は別です。だから家族以外の人と、淡々とつき合うことに関しては、全く気にする事はないということなんです。

 

「脳化学的には女性同士の間で友情はない。」と断言する脳化学者の澤口先生。
女性とは共通の状況、利益を共有して初めて、お互いを助け合うという傾向があります。
女性は、競争相手だと、足を引っ張り合うので、いい友人関係にはなりにくいのです。
例えば職場などで、競争相手には、仲良くするふりをしながらも、素敵な男性を取り合ったり、いい仕事を取り合ったりと、結局だまし合いながら、相手よりも高い位置に行こうとするのがそうだからです。

 

逆に同じ境遇になった場合、例えば、「子供を持った」、「失恋をした」、「彼氏がいない」、「独身同士」など同じ境遇にある人と仲良くなる可能性が高いといいます。
ですから深い関係の友人は特にいらないといわれています。
ただし、中高年になってくると「孤独」を感じるのは良くないそうですよ。
心臓疾患を含め、内蔵系に孤独が悪影響を及ぼす可能性があるので注意です。

 

ではどうすれば、いい友人関係を保てるのかというと、方法としては「友人を利用する」こと。
言葉が悪いので、言い方を変えると「友人を活用させてもらう」ことでしょうか。
女同士は利用しあう関係が一番いいとされています。
女性は自然に利用しあって、お互いに助け合い、守り合う関係を作っている生き物です。

 

心理学者植木さんが言うには
「女性同士の友情と、男性同士の友情は全く違う」ということ。
心理学者コフートの研究に基づいた研究結果で「会えば幸せになる3人の人がいる」と言われています。
①理想になる人 こういう人になりたいと思う理想像

②双子のようになる人 同じような苦楽を経験した人

③鏡になる人 自分を映し出してくれる人

 

この3タイプを兼ねそろえた人が、自分の親友になれるということなのです。
そういう人と出会うといいとされていますが、実際にはそんな人はいないのです。

 

それではどうすればいいのでしょうか?
上手な親友の作り方というのは、決して深いベタベタした付き合いをすることなく、友人たちをこの3パターンに、それぞれちゃんと分けてつき合っているのです。
そうする事で、人生を上手く生きていけるということです。

 

ベタベタのつき合いは危険の元。長期間つき合っている友人は、やはり密着した関係ではなく、さらっとしたつき合いです。
ですから親友と呼べる人がいなくても、決して悩む必要はないということですね。
さらっと広範囲で、よりよい友人関係を築いていけるんですから。
そう考えると気持ちの上でも、少し楽に生きていけそうですね。

Sponsored Link

関連記事

pakucheeindex

次はクセの強い「パクチー女子」がモテる!

独特の香りで苦手な人も多い「パクチー」(香菜シャンツアイ、コリアンダーともいう)。 圧倒的に日本人

記事を読む

no image

風邪を引いてから慌ててビタミンCを摂っても効果なし?日常から摂る習慣を

風邪を引いたからといって慌ててビタミンCサプリを摂りだしたり、ミカンを食べたりレモンを絞って飲んだり

記事を読む

飛行機

2015年は海外旅行のビッグチャンス!チケット買うなら今!

  昨年9月頃より原油価格が下がってきている影響もあり、今年2015年2月より燃料サ

記事を読む

イースターエッグ

イースターを楽しもう!子供と一緒にイースターエッグ作り♪

  イースターはアメリカでは、クリスマス以上に重要とされているお祝いのお祭り。 イ

記事を読む

仲見世商店街

【町田の仲見世商店街】がレトロでオシャレ!若い女性が注目!

  人口およそ43万人東京都・町田。 現在でも農業が営まれているという、自然豊かな

記事を読む

トレーラーハウス

格安で家を買うならお洒落なトレーラーハウス!人気急上昇!

300万円台から買えるお洒落なトレーラーハウスが人気上昇中です。トレーラーハウスと聞くと、日本では被

記事を読む

2水野久美

爆報出演!ブラピをも魅了する女優水野久美が美し過ぎる

芸能界一モテたと言われる永遠の特撮ヒロイン「水野久美さん(78)」が爆報THEフライデーに出演されま

記事を読む

no image

大打撃!マクドナルド混入物多発!「原因は不明?」不透明な事件に雲行き怪しげ

今月5日、青森県青森県三沢市のマクドナルド三沢店で、販売したチキンマックナゲットにビニール片のような

記事を読む

カップル

外国人結婚詐欺師が年々増加している現実【カスペ】

詐欺師を弁護士と探偵で直接対決へと追い込む【カスペ フジ火曜夜7時】で、今回は外国人詐欺師に密着され

記事を読む

no image

月経カップが再び話題 東アフリカで女性達が実践

初潮が始まってからと言うものの、毎月女性にとって憂鬱な一週間を送らなければならない日があります。

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑