常識を覆す事実!総コレステロール値250は健康体!

公開日: : 最終更新日:2015/09/01 美と健康

「コレステロールが高いと危険」と医者に言われ、そのために運動をしたり食事を制限するなど努力してきた人は、この新たな情報を知れば驚くかもしれません。
「コレステロール値250は健康体だった」3月13日号の週刊ポストにこんな衝撃的な記事が記載されていました。

 

コレステロール値は皆さんもご存知の通り、LDLといわれる悪玉コレステロールとHDLといわれる善玉コレステロールがあるのですが、本来はこれらをトータルして200mg/dl以下を正常なコレステロール値とされています。

 

以前の日本はコレステロールについてあまり厳しくはなかったのですが、食事などの欧米化によりメタボリックシンドロームや成人病にかかる人が多くなったこともあり、コレステロール値の基準はここ数年で大幅に厳格化が進んだのです。

 

そのトータル200mg/dl以下の中で、LDL悪玉は「120mg/dl以下」を推奨され「140mg/dl以上」になると高LDLコレステロール血症と診断されます。
まず運動や食糧法などを勧められますが、場合によっては薬療法を勧められることもあり、その薬療法にも賛否両論で、薬で治療することを拒む患者さんも多いといいます。

 

それが今回の記事によると「LDL値(悪玉)は低いほどいい」とするこの基準とは正反対の調査結果があったというのです。
なんと驚くことに実際には「LDL値が高いほど死亡率が低かった」ということ。
「コレステロールが少々高いほうが健康体」という本や記事などを読んだことはありますが、今回の記事にはかなり衝撃を受けました。

 

実際にアメリカでもコレステロール値については、日本と同じくトータル200mg/dlを推奨されてきており、運動のほか食事制限などを患者に薦めていました。
現に私自身も悪玉値が高かったので、乳製品、卵、脂質、でんぷん質、パンなどをできるだけ摂取しないようにと言われた人です。


そうなると食べるものがほぼ菜食になってしまうのです。そして減るのは体重。
もともと痩せ型なので体重を減らす必要性は全くなかったのですが、どうしても食事制限して運動すると体重が減って力が出ないのが現実でした。
おかげで結果悪玉コレステロール値は140mg/dl1以下に減りましたが。


アメリカはずっと「血中コレステロールが高いと動脈硬化が進む」という仮説を支持してきました。
ところが最近になり「LDL(悪玉)コレステロールを下げても心筋梗塞などの心血管疾患が治療・改善される根拠はない」として管理目標をなくしたというのです。
間もなく正式にきまりますが、管理目標がない場合は何を基準にするのでしょうか。


同じく日本も今回の記事によると「LDL値は低いほどいい」とするこの基準とは正反対の調査結果があったというのです。
なんと驚くことに実際には「LDL値が高いほど死亡率が低かった」ということ。
「コレステロールが少々高いほうが健康体」という本や記事などを読んだことはありますが、今回の記事にはかなり衝撃を受けました。


「動脈硬化を起こした血管にコレステロールが付着していることが発見されたのは19世紀のこと。それ以降、動脈硬化の原因だと考えられてきた。しかし近年の研究によって実際には動脈硬化による炎症で傷ついた血管を修復するためにLDLコレステロールが集まってくるということがわかった。」
〜週刊ポストより〜

コレステロールを低下させる医療行為は、かえって健康を損ないかねないということになるのですね。
医療研究で今までの常識が変わると不安になるのは患者の方です。
誰もが納得する方法で、健康維持できるように指導していただきたいですね。

Sponsored Link

関連記事

no image

これならできる!太らないように夜食をとる方法

健康な体を維持する場合、夜0時までに睡眠につくのが理想です。 0時以降に寝るのは、たとえ長く睡眠時

記事を読む

頭痛

頭痛を和らげるなら組曲「動物の謝肉祭」の白鳥を聴くといい

頭痛が起こると本当に憂鬱。何もしたくなくなりますよね。 そこで頭痛を少しでも和らげる方法に、音楽療

記事を読む

Exif_JPEG_PICTURE

トレンド野菜アイスプラントの塩味プチプチ食感がクセになる

何コレ!?何も知らずに食べたら、ほとんどの方がその味と食感に驚くはず。「アイスプラント」って聞きなれ

記事を読む

no image

ローズヒップオイルとホホバオイルを混ぜて使うと美肌効果テキメンって知ってる?

普段のスキンケアにちょっと何かを加えると、見違えるような肌になるといわれている、それが「ピュアオイル

記事を読む

ヨーグルトブルーベリー

太る・太らないの違いは腸内フローラ(腸内細菌)のバランスにある

ちょっと食べただけでもすぐ太ってしまう人、たくさん食べてもなぜか太らない人がいます。実はこれ腸内細菌

記事を読む

ひやしあめ

懐かしい関西の味「冷やしあめ」で夏バテ防止【レシピ】

関西出身の方は、どなたでも知っているはずの「冷やしあめ」 京都出身の私は子供の頃から大好きで、よく

記事を読む

つばき

次なるブーム!食べる椿油で体からオンナ度アップ!

え?椿油を食べる?普通は髪の毛に塗るんものじゃないの?と最初はちょっと驚きましたが、実は椿油にはオリ

記事を読む

カプチーノlatte_red-heart_1.jpgルイボス

ルイボス茶のエスプレッソ(レッドカプチーノ)が大流行の予感

南アフリカ原産のルイボス茶が美容と健康にいいのはもうご存知ですよね? そのルイボス茶にミルクフォー

記事を読む

avocado-978168_1280

種まで丸ごと美容食!森のバターアボカドは美婆女の味方です!

アボカド大好きで普段から食している筆者ですが、何やら年末年始はアボカドが売り切れそうな予感です。先日

記事を読む

coconuts oil.images

中年男性が注目!口臭が一気に消えるココナッツオイルパワー!

1日スプーン一杯のココナッツオイルで、認知症まで予防できる!とまで言われている、スーパーフードのココ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑